暑いの?寒いの?どっちなの?【ホットフラッシュ②】

更新日:1月19日

ホットフラッシュの対策は、いちばんは自律神経を整えることです。


心身を活動させアクティブモードの交感神経と、ゆっくりリラックスさせる副交感神経のふたつの自律神経。これは自分の意思でコントロールできないので、バランス良くうまく働いてもらうように、生活習慣を整えることが、遠回りのようで一番の近道です。


よく眠って、ストレスや疲労をためないことが本当に大切です。


また、深い呼吸ができるようにすることも症状改善につながります。呼吸法でリラックスモードの副交感神経を優位にすることで、「今は活発に汗を出さなくていいんだ」と体が反応するからです。


【対策1 運動する】


ウオーキングやストレッチなど軽い運動からで構いません。


・運動したら汗が出る→交感神経

・休んだら汗が収まる→副交感神経


この反射を体に思い出してもらうことが大切です。


【対策2】 首を冷やして体温調整

即効性のあるのは、首回りを冷やすことです。保冷剤や冷たいペットボトルなどを当てて冷やすのは効果的。

また、冷感のある汗拭きシートで首元を拭うだけでも違います。


【対策3】 アロマオイルの使用


自分が落ち着く好みの香りは、副交感神経を優位にします。

あらかじめブレンドされた精油でもいいですし、シンプルに一種類でも好きな香りがあったら、それが一番リラックスできます。

アロマスプレーやロールオンアロマで、お守り代わりに持ち歩くのもよいでしょう。

閲覧数:6回0件のコメント