上がる!やせる!の向こう側【サロンの想い】


今日は、お客様とお会いするときに、私が思っていることをお話しします。


「最近しわが…ほうれい線が…ひどい顔で…」

「若い頃に比べたら、たるんで太っちゃって…」


サロンにいらっしゃるお客様は、必ずどこかご自分のお体に自信が無いところをおっしゃいます。

ナースの私から見れば、ひどいお顔だなんてとんでもない

むしろ健康な素肌で、体重だってやせる必要のない方ばかり。


でも、どこか「自分じゃない」感じがする

自分が自分にフィットしていない。

そんなお気持ちなのかな。


それはとてもよくわかります。

私もそうでしたから。


更年期は、女性ホルモンの低下がきっかけでさまざまな不調の波が押し寄せます。

こんなはずじゃなかったのに、もっと頑張れたのに、他の人は頑張っているのに

そんな気持ちで、自分を追い込んでしまう


大人女性のあるあるです。


あなたの不調のゆらぎを、きらめきに変える

今更年期の症状にお悩みのあなたは、本来のあなたじゃないだけ。


多忙、ストレス、自分より周りファーストで、筋肉、リンパ、血行が滞り

本来の姿勢やお肌の状態でなくなっているだけ。


少しセラピストがお手伝いするだけで、あとはあなたの体の自然治癒力で元来の健やかさが還ってきます。


更年期との向き合い方、自分のこころとからだの慈しみ方

それを知ると、つらい不調の霧が晴れて青空が見えてきます。


美容皮膚科でいくら施術をしても、その後のお家でのお手入れの仕方や、大人肌の慈しみ方がわからなければ、アンチエイジングも不毛な闘い。

「え、えー、もう戻ってるー??」と、鏡を見る度につらくなります。


コリをゴリゴリ揉んでもらったり

さらに気持ちに負荷をかけて

ダイエットをやみくもに頑張ったり


でも、頑張るほど、なんかフィットしない

なんかズレてる気がする。


アロマテラピーと、更年期を正しく知り

「上がる!痩せる!」のその向こう側へ視線を少しだけずらしたら

いつしか押しつけられている「若さ・美しさ」の呪いが、ふっと解けるかもしれません。


すべての女性はいつまでも、咲き誇る花なのですから。


そういう気持ちで、今日もお客様をお迎えしているのです。





閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示